シニアに大切な運動で予防

歳を重ねるにつれ、少しづつ出てくる体の不調
その中でも、よく耳にする2つ

『うつ』と『認知症』

この2つを診断されないように今出来ることとは何なのか?

本日のテーマ
【老人性うつと認知症〜予防と対策〜】

間違いやすい老人性うつと認知症の違いを知ったうえで
今出来ることを最後はお伝えします

❐それぞれの特性

★老人性うつとは
病名ではないが、65歳以上の高齢者が発症する「うつ病」のことを指します。

主な症状
・頭痛や吐き気、めまい
・しびれの訴えや頭痛、肩こり
・落ち着きがなく、不安や身体の不調の訴え
・不眠や妄想

★認知症とは

脳神経細胞が壊れるために起こる症状や状態
脳の老化による「もの忘れ」とは違うが種類が多くある

主な症状
・性格の変化
・記憶障害(忘れたことを忘れてしまっている状態)
・もの盗られの妄想
・攻撃性が出現する

主な種類
①アルツハイマー型認知症
②レビー小体型認知症
③血管性認知症
※この3つが認知症が焼く85%を占める

 

❐予防と対策

★老人性うつ予防法
まずは孤独感の解消
環境要因と心理的要因が大きく影響している。

具体的には…
①社会とのつながりとストレス発散
②定期的な運動習慣

サロンやサークル活動などの社会へ参加することによって人との繋がりをつくり
趣味の発見や生きがいが生まれる可能性もあるので積極的に参加するとよい

また、運動を行うことにより「セロトニン」という物質が体内で分泌される
「セロトニン」とは精神安定させる働きがある神経伝物質との関わりが大きく、
太陽光を浴びることによっても分泌される

★認知症予防法
現在の医学的研究では完全な予防法はみつかっていない
しかし、今でもあらゆる研究所で多くのデータがとられ少しずつ医学は進んでいます
その中で、運動は一定数値の効果が現れている

 

❐予防が期待できる運動

・頭を使いながら行う運動
・定期的に行える家で出来る簡単な運動
・皆様自身が指導者になり人前に立つ

Wonder point(わんぽん。)は定期的に皆さまに楽しく運動を行って頂くために、
あらゆる施設で運動指導をさせていただいています

次回は10月を予定しております。
ご興味ある方は以下のアドレスよりご連絡ください。

wonpon411@gmail.com

 

 

これからのWonder Point
仲間が集結!!!
東海道川崎宿2023まつり